本文へスキップ

不動産担保ローンの特徴は?安心・便利な銀行・ノンバンクの不動産担保ローン選びをお手伝い

銀行・信金・信組・ノンバンクの不動産担保ローン

不動産担保ローンでお金を借りる方法、基礎知識や注意点を詳しく解説

不動産担保ローンとは、不動産を担保にお金を借りることを言います。不動産には資産としての高い価値、つまり担保価値があるのです。

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは、不動産を担保にお金を借りることを言います。
不動産を持っている人、これから買おうとしている人が利用できます。
不動産には資産としての高い価値、つまり担保価値がありますから、不動産を担保としたローンがあるのです。
担保価値がある不動産を担保に入れることで貸す側(金融機関)にも不良債権になりにくいメリットがあります、
インターネットで「不動産担保ローン」と検索しただけでもたくさんの情報がでてきます。
インターネットの進歩で情報の収集は楽になったものの、どの情報が自分にとって有益か、正しい情報なのか、判断がつかなくなってきたのも事実です。
不動産担保ローンの利用を検討されている方の多くは、消費者金融やカードローンでは借入れができない高額の資金を必要としている方が多いと思います。
不動産担保ローンは住宅ローンよりは金利も高く、諸費用も多くかかってきますが、できるだけよい条件で融資を受けることができるよう、最新で有益な情報を、たくさん提供していきます。

スポンサーリンク


不動産担保ローン・融資の特徴・メリット

不動産担保ローンのメリットには次のようなものがあります。
@融資額が大きい
A消費者金融より低金利
B長期ローンが組みやすい
C資金使途が自由、緩やか
などです。
不動産担保ローンは不動産を担保として資金を借入するため、消費者ローンやカードローンなどの無担保ローンと比べて、低金利でまとまった融資金額となり、住宅ローンのように長期で借入れを受けることが可能です。
他の金融機関で借りているローンを不動産担保ローンでまとめてしまうことも可能です。
しかし、必ずしも希望する融資条件になるとは限りません。
低金利と思ったら金融機関のホームページの金利と借りた金利が全然違うなんてことも。
不動産を持っていても担保評価が低くて希望した金額が借入できないこともあります。
もちろん担保評価が高い不動産を持っているからと言ってたくさん借りる必要もありません。
貸付条件や支払金額をよく確認して、借りすぎには注意しましょう。

不動産担保ローン・融資の特徴・デメリット

不動産担保ローンのデメリットには次のようなものがあります。
@諸費用が高い
A債務不履行したら担保処分される
B不動産の登記簿に借入が記載される
C不動産の評価下落時の対応
などです。
スポンサーリンク




バナースペース


リンクユニット




スポンサーリンク



スマートフォン版